大きく膨らんだ胸って女性らしさ全快で憧れます。
実際に豊胸をしようとすれば、カウンセリングや手術、メンテナンスと現実的なことがたくさん出てくるので私はまだいいかなと思っています。
しかし周りでは豊胸は割と身近で、皆どんどん美しくなっており微笑ましいです。
友人の中には胸を大きくするだけでなく、豊胸そのものを隠して天然巨乳に見せるコツを体得している猛者までいます。
この前いろいろと話が聞けてとても楽しかったです。

豊胸をした友達とお茶

豊胸をした友人と暇つぶしにお茶に行った時に、豊胸がバレないおすすめの方法を伝授してくれました。
まずヒアルロン酸を注入するという手術方法を選択します。
あまり詳しくない私は豊胸といえば、シリコンを胸に埋め込む方法しか思いつきません。
しかし最近はヒアルロン酸を注入する安全でバレにくい方法が主流と彼女は言っていました。
ヒアルロン酸を入れると、シリコンと違って自然に胸が流れるため仰向けになった時にバレません。
大きい状態を保つには定期的に注入する必要がありますが、人工的な感触がなく見られても触られても平気です。
そして手術後すぐに胸をアピールするのは避けるのも彼女のテクニックで、少しずつ露出度を上げていって急に胸が大きくなったと周囲に思わせない工夫をします。
あたかも元から巨乳で今までは洋服で隠してきたかのように振る舞います。
確かに人間は緩やかな変化には気づきにくいため、徐々に胸の大きさが分かる服に変えていくのは効果的です。

自分で入れたのに隠したくなる?

友人の話を聞いて疑問に感じたことがありました。
それはなぜ魅力的な胸になったのに隠したがるのだろうということです。
ましてや自分で理想の胸をイメージしてそれに沿うように作り上げたのに、隠してしまってはもったいないと思います。
少なくとも男性は豊胸と知っても大きな胸に抗うことはできず、その反応を見れば手術した甲斐があるというものです。
では女性はどうでしょうか。
女性は化粧品などにお金をかけて美を磨く人は尊敬しますが、整形する人には冷たい視線を送ることが多いです。
天然の美を求めているのか、あるいは自分もしたいけどお金が無くて好きなように整形している人に嫉妬しているのかは分かりませんが、女性の目を気にして豊胸を隠したいという気持ちは納得できます。
天然でも人工的でも美しいものは美しいと私は思いますが、そうは考えず豊胸したことを後悔するほど非難する人もいるのでしょう。
だからこそなるべくバレずに天然巨乳のフリをすることは大切です。